リハビリテーション・リゾート

「病院」にいることを忘れてほしい。

脳卒中などの脳疾患で倒れた患者様は、思いもかけない病に倒れた強い衝撃を受けています。大きな不安に襲われ、時には生きる気力さえ失うことも……。そんな心身ともに深く傷ついている患者様にとって、「病院」は、理想的な環境といえるでしょうか?
無機質で、冷たく、効率を優先した空間で、プライバシーも守られず、日常生活を制約された状態では心は癒されません。心安らぐ豊かで穏やかな環境で、心身ともにリラックスした環境で、リハビリテーションを行ってほしい。だから千里リハビリテーション病院は「病院」でありながら、日本で初めての「リハビリテーション・リゾート」を実現したのです。

「リゾートホテル」のような心地よさを。

機能的なベッドで眠り、目覚め、シンプルで上質なインテリアから、照明、タオルなどのアメニティまですべてに心配りの行き届いた快適な部屋で時を過ごし、時にはウッドデッキに出て風に吹かれ、水や緑にあふれる庭園をゆったりと散歩したり、マッサージトリートメントに身をゆだねたり……。心癒されるリゾートホテルに滞在しているような心地よさのなかで、心と体のリハビリテーションを行うことは、患者様の意識を変えることに繋がり、ひいては治療への大きな助けになることでしょう。私たちがリゾートホテルのような空間を提供することは、患者様がこれから始めようとしている「リハビリテーション」への大きな力になる、励ましになると考えているからです。

「病院」にないものが、ここには沢山あります。

千里リハビリテーション病院には、薪をくべる本物の暖炉や、魚たちがゆったりと泳ぐ大きな水槽があります。患者様の興味関心を引き、リハビリテーションにも役立つ本を選んだライブラリーがあり、アロマセラピーが受けられる専用のサロンもあります。医師、看護師、スタッフも白衣とはまったく違う素敵なユニフォームを着ています。それらは、いままでの「病院」では不必要とされたものばかりです。でも「リハビリテーション・リゾート」には、なくてはならないものばかり。千里リハビリテーション病院では、これまで常識とされてきたことをひとつひとつ考え直し、すべては患者様のリハビリテーションに有効なものとして取り入れています。「リハビリテーション・リゾート」という新たな発想が「病院」そのものを変えるのです。
院内でリハビリテーションに励む方や、セラピストとの会話を楽しむ方、セラピスト同士が切磋琢磨している姿を一度ご覧いただけば、その違いがきっとお分かりいただけるはずです。