新型コロナウイルス感染防止に関する当院の取り組み

2020.04.23 | おしらせ

当院では、新型コロナウイルスの感染を防止するため、以下の対策を行っています。
患者さん、ご家族様にはご不便をお掛けいたしますが、全職員一丸となって感染防止に努めておりますので、ご理解、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

当院職員の取り組み

・職員は出勤前に体温測定、体調確認の徹底(37度以上もしくは体調不安がある場合は出勤停止指示)
・職員の出勤時に病院での体温測定、体調確認の徹底(37度以上もしくは体調不安がある場合は即時帰宅指示)
・出勤停止職員の職場復帰のルール徹底(解熱・症状改善から48~72時間の経過観察により自宅待機)
・全職員のマスク着用および手指消毒(頻回)の徹底
・職員への感染防止指導(朝礼時に案内、全職員メール、文書の配布など)
・職員の食事場所を固定(患者さんの入室禁止)、レストラン利用の制限、食事時間の分散などの徹底
・時差出勤による公共交通機関(電車・バス)の通勤混雑の回避
・病棟間の職員の移動制限
・医療機器等の使用前後の消毒の徹底
・全職員のプライベートでの不要不急の外出禁止。三密の場所への立ち入り禁止

院内の取り組み

・面会の禁止(荷物・精算時のみロビーでの対応のみ。患者さんとの接触禁止)
・家族様からの荷物預り時の感染防止対策の徹底(透明ビニールの設置、手袋・ガウンの着用など)
・患者さんの不要不急の外出・外泊の禁止
・患者さんのマスク着用、手指消毒の徹底
・患者さんのレストラン利用時間の分散、席の間隔拡大、換気・消毒の徹底
・患者さんの病棟間の移動制限
・定期的な院内の換気・清掃・消毒などの環境整備の徹底
・院内各種会議の中止・縮小(席の間隔拡大、換気の徹底)
・外来リハビリ、訪問リハビリの中止
・取引業者の出入り制限、中止
・委託業者(調理、清掃)の体温測定、体調管理、感染防止の指導の徹底
・実習生の受け入れ制限、中止