病院理念

「気づきの医療」が、
「リハビリテーションの現実」を変えていく。

「気づき」とは、既成概念や常識にとらわれず、今までとは違う視点で見たり考えたりすることで初めて生まれるものです。そこに存在していた矛盾に気づき、当たり前のことを普通に行う大切さに気づく。そしてその「気づき」を迷わず確実に実践していくのが、医療法人社団和風会の病院理念「気づきの医療」です。

例えばリハビリテーションによって運動機能を回復したと判断された患者さんが、家庭や社会に帰ってみるとその機能が発揮できずに病院に戻ってきたことがありました。そのとき、病院の環境が、非日常の特殊な空間で、自宅や社会での日常生活を想定したものではないからだと気づいたのです。社会にバリアがある限り、病院にもバリアが必要です。和室で暮らす方には、畳の上を歩く感覚を取り戻していただかなければなりません。だから畳敷きの病室をつくりました。家庭で毎日料理をする方にとっては、献立を考え、キッチンに立って調理をすることが何よりのリハビリテーションになります。だからキッチンもつくりました。リハビリテーション専用の場所で特別に訓練するよりも、自分の家、自分の部屋に近い環境で、普通のことが普通にできるようになることが大切なのです。これは、リハビリテーション医療に携わる医療提供者の視点で見出した「気づき」のほんの一例です。

そして患者さんの視点で見つめ直してみると、そこには、さらに多くの大切な「気づき」がありました。例えば、どうしてプライバシーが守られないのか? なぜベッドの上で食事をしなければならないのか? そんなことは日常生活ではありえませんし、そんな状況を強いられたらとても辛いはずです。だから個室中心の病棟とし、管理栄養士の指導のもと、和・洋・中の多彩なメニューを提供できるレストランをつくりました。

このような医療提供と患者さんのふたつの視点がもたらしてくれた多くの大切な「気づき」から「リハビリテーション・リゾート」というコンセプトは生まれました。脳卒中の患者さんにとって本当に理想的な病院をつくりたい。身体的ケアはもちろん、これまで置き去りにされがちだった精神的なケアもできる病院をつくりたい。私たちが追い求めてきた思いが、千里リハビリテーション病院となって実現したのです。

橋本康子
医療法人社団和風会 理事長

行動指針

  • 私たち一人ひとりが毎日何かに気づくこと。
  • その気づきを病院としてのチエ、
    ノウハウへと築きあげること。

  • そして、それらを当たり前のこととして実践していくこと。