退院後支援

当院では、患者様の退院後の生活支援、社会参加支援、仕事場復帰支援を積極的に行っています。患者様の退院日が近づいてきたら、作業療法士や言語聴覚士といったスタッフが、退院後の生活についてより詳しくお話を伺い、時にはご自宅やお仕事場に出向き、現場をチェックしながら患者様の退院後の生活に必要な動作の練習を行います。また、退院後も必要に応じて、ご家族やお仕事場の方への指導、地域のケアマネージャーや地域スタッフとの連携を行い、患者様がスムーズに退院後の生活に入っていけるよう、情報共有やコミュニケーションを行っていきます。


理学療法では、脳外科、神経内科の医師とも連携し、解剖学的な視点から患者様の脳画像をしっかり読み解き、問題がどこで起きているのかを判断し、患者様の状態に合わせてプログラムを考え、運動機能の回復を目指します。

リハビリテーションの中でも、日常生活の動作──ご飯を食べる、お風呂に入る、着替える、靴を履く、そして退院後にご自宅や社会活動、お仕事への参加ができるようになるよう、患者様の要望に合わせ必要な動作の訓練も行っています。

話す、聞く、読むといった、主に言葉やコミュニケーションの訓練と、噛む、飲み込む(嚥下)という食べる際の動作の訓練を行っています。

リハビリテーションは栄養がなければできません。当院では、1日に2〜3時間のリハビリ以外にも動く時間が非常に多いのが特徴です。

当院では、患者様の退院後の生活支援、社会参加支援、仕事場復帰支援を積極的に行っています。

代替療法

歌う、演奏するといった音楽の働きを用いて心身機能の回復を図るため、専用の音楽棟を設けています。

野菜や花を植える、水をやる、作物を収穫するといった、庭や畑などの屋外空間を利用した園芸活動を通して、自然とかかわり、心身共に快方へ向かうことを目指します。

人間の五感の中でもっとも優れているのは、嗅覚と言われています。また、感情と嗅覚には密接な関係があり、人間の基本的な感情は嗅覚が司っています。