既に4月

2019.04.04 |

千里さくら通りの新人

あっという間に4月になってしまいました。
2月、3月は完璧にサボってしまいました。書くべき題材はかなりあったのですが、他の「ねばならない」ことを優先してしまいました。
今年の課題である少し睡眠時間を増やすことは1時間増を目標に5時間睡眠を続けていますが、まだまだではあるものの貧血は改善傾向にあります。採血したものを見ると、以前はピノノワール様であったものが、今回はカベルネ ソービニヨン様になっていました。わかる方には分かりますね。
千里では桜が三分咲きから五分咲きくらいです。他の地域と比べるとちょっと遅いようです。先週、熊本城に立ち寄ってみたときは満開で、とても映えていました。やはりお城には満開の桜が似合います。
千里のさくら通りは元々のソメイヨシノの傷みが酷く、写真のように他の種類の桜に順次植え替えています。正直なところ、やはりソメイヨシノの枝ぶりと色合いが素晴らしいと思いますが、この交代も仕方ないところなのでしょうか。
そんな中、今年度も新人セラピストが二十余名入り、1日から今日まで新人研修中です。昨夜は先輩たちが企画する恒例の歓迎観桜会が千里北公園で開かれました。
昼間はその桜に鶯が止まって「ホーホケキョ」と囀っていたのですが、夜はやはり冷えました。
新人たちの自己紹介で述べる抱負を聞いていると頼もしくなるのですが、それをいつまで保持し、さらに向上させていけるか。それは自分自身のためでもあるのですが、やはり目の前の患者さんたちのためにどれだけ意味をもって真剣に迫っていけるかということに直結しているわけですから、しっかり取り組んでもらわなければなりません。
プロとして恥じないように、桜の下で語ったことを形にしてほしいと思います。
新人たちの名前を覚えるも覚えないも、そのような活動が私の目に留まるかどうかにかかっています。1人でも多くの名前を覚えたいと思っています。

コメント (2)

  • senri より:

    チャーコさん、おはようございます。
    長いこと、お待たせいたしました。もっと頻回に書かなければいけませんね。
    私はソメイヨシノファンですから、瀬川の桜を拝見すると感動するのですが、千里のさくら通りの新人?たちはちょっと色が濃くて、今までの景色とは違うなあ、と思いつつ、その成長を楽しみにしています。
    チャーコさんを訪ねてきた春、どんな春なのでしょう? 興味ありますね。

  • チャーコ より:

    吉尾先生お久しぶりです。千里のさくら通り綺麗ですよね。瀬川のさくらも綺麗ですよ。庄内のさくらも奇麗です。
    さくらの季節4月、出会いの季節ですね。
    私にもようやく春がきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。