ホーム  /  ニュース・ブログ  /  吉尾雅春ブログ

吉尾雅春ブログ

如月

早いですね。前回の記事から1か月が経ってしまいました。最近はこのパターンが多いので、もう少し気持ちを入れ替えないといけませんね。nec_5092
2月、如月、きさらぎです。旧暦の2月ですから、現在の暦では概ね3月というところでしょう。2月は最も寒い時期だから更に重ねて服を着る、という説明をしばしば耳にしますが、おそらくそれは誤りです。3月は暖かくなっていく頃です。そういうときに寒さがぶり返してくる、つまり寒の戻りがあって、脱いでいた服をもう一度重ねて着なければならないような季節、衣更着というところでしょう。また3月は草木が元気に芽吹いてくる季節ですから生更ぎともいうように、季節の移ろいの中でそれに従うかのように自然にみられる現象を表しているのでしょう。「如」とは、従う、~とともに、という意味を持ちます。
最近では赤穂浪士の討ち入りのドラマを見かけませんが、討ち入りしたのが12月14日の夜から15日の朝にかけてで、雪が降っていました。12月中旬に東京で雪が積もることはまずないでしょう。新暦では1月30日から31日にかけてということだったそうです。このことを考えても如月がどういう意味を持っているか、分かりますよね。要するに旧暦でイメージしていたことを新暦にそのまま持ち込んだところに無理があるのでしょう。

先日、日本神経理学療法学会主催で「脳卒中患者の歩行再建」をテーマにしたサテライトカンファレンスを開きました。歩行ひとつひとつの相に意味があり、それを保障している何らかのシステムがあるはずです。それなりには分かってきているのですが、患者さんたちが歩行に関してさまざまな問題を抱えていらっしゃるとき、その原因分析が一面的で、結果、対策も一面的であるように感じました。つまり、熱がある、という観察だけで、その原因は分析せず、解熱剤だけを投与する、というところでしょうか。
物事には意味がありますし、事象にはそれなりの原因があります。私はもっと脳の中で起きていることにしっかり向き合っていくことが必要であると考えています。その教育が、理解が・・・。そして究極的には「生活を営む社会的動物である」人間がなす歩行をどう考えていくか、哲学的側面も併せて考えていく姿勢が求められます。そのようなことを感じたカンファレンスでした。

「実」

2017年を迎えました。
昨年は熊本の震災をはじめ悲しい出来事がいろいろありましたが、一方で嬉しいこともたくさんありました。今年は嬉しいこと、楽しいことの多い年になってほしいものです。

個人的にはやり残している仕事がいくつかありますから、早いうちに片づけて、今年の目標に向かって進んでいかなければいけません。いつまでも引きずっている場合ではありませんから。

今年の初夏には新病棟がスタートします。開院して10年間の蓄積を活かせるとよいのですが、現実はそう甘くはないでしょう。何しろ当院は常識と非常識の間で闘っていますから。産みの楽しさを味わえるように、気持ちを整えておきたいと思います。

img_3169旧態然としたものではなく、変化あるいは違いを求めてきた病院です。これまで行ってきたことを変えることも必要かもしれません。そのときは変える勇気も必要です。

写真は千里リハビリテーション病院のディレクター佐藤可士和氏の作品です。有田焼です。有田焼と言えば人間国宝が何人も排出されてきた伝統を重んじるような世界です。もちろん代を重ねるごとに新しい芸術性を表現してこられたわけですが、佐藤可士和氏はその世界観は守りながらも、もっと大胆に変化することに挑戦された作品だと私は感じています。その実行力に私は感動しました。

夢を現実にすること、努力が実を結ぶこと、空想ではなく実際的に具現化・実行すること、事実を追い求め意味づけすること、などを年頭にあたって考えています。自身もそうですが、スタッフたちの活動を見ていますと、動き出そうとはしているのですが、なかなか実を結ぶところまでやりきれていないようです。それでは自分自身に対する報酬になりませんから、次なるエネルギーも湧いてきません。実を結び、やり切った喜びを味わってもらいたいと思います。私自身もその喜びを感じたいと思っています。
ということで、今年の行動目標を一文字で「実」にしました。
今年もよろしくお願いいたします。実りのある1年にしましょう。

陽が沈む

nec_47772016年も残すところあと2日になりました。

この写真は長崎県大村湾の11月末の夕陽です。今年は残り2回のチャンスですが、このような素敵な夕陽が見えるといいですね。朝陽もいいですが、夕陽を見て思うこともたくさんあります。その日のことを思ったり、明日のことを思ったり、自然の力に引き込まれていきます。

今年の文字は「躍」にしていました。まあ、反省しきりではありますが、飛び回っていたのは確かです。私たちの世界で、明らかに誤った知識として積み重ねてきたことを修正するためには、それを求める人たちを待っていても効果的ではありません。故に自ら動き回っているわけですが、そろそろ教育の分野が抜本的に変わってくれないと、と正直なところ思っています。

陽が沈んで明るい明日につながるのか、そのまま漆黒の世界に沈没していくのか・・・。私にはまだまだ信じれる波を受け止めることができていません。
さらに努力を重ねていかなければ。

大台にのりました

またまた忙しくしていました。札幌に行って、そのまま鹿児島へ。

2016/11/19 18:54

2016/11/19 18:54

天文館で皆さんと食事をして、鹿児島のO先生に森伊蔵をごちそうになって、協会のセミナーを済ませて再び札幌へ。医大の講義を済ませて大阪経由東京へ。目の前の景色が目まぐるしく変わる1週間でした。

そして、先週末は第14回日本神経理学療法学会学術集会を仙台市で開催しました。今回の学術集会長は阿部浩明氏。氏の情熱と創意工夫に多くの人たちが共感し、日本神経理学療法学会では初めて参加者が1000人の大台にのりました。日本理学療法士協会の12ある分科学会の中でも1番乗りになりました。学会の代表を務める私にとっても大きな喜びでした。その相当数の参加者たちに満足いただけるような応対をスタッフたちも心がけていて、参加者たちにとってもその場を共有できて嬉しかったのではないでしょうか。
神経理学療法学会がカバーする領域は脳卒中、頭部外傷、脊髄損傷、神経筋疾患、発達障害などですが、今回のテーマは「脳卒中理学療法最前線」であり、かなり限定的に絞ったものになりました。それだけに聴衆には取り組みやすいものであったのだろうと思います。ただ、その他の領域についても議論を深めていかなければなりませんので、さらに学術集会の企画運営については工夫していかなければならないと思っています。

2016/11/26 09:23

2016/11/26 09:23

学術集会の内容は興味をひく企画も盛りだくさんでしたし、参加者にとって楽しみな学会だったろうと思います。メッセージ性は確かにありました。一般演題の質も随分上がってきていましたし、今後がますます楽しみになってきました。
ただ、このところニューロリハビリテーションあるいはニューロモデュレーションの概念が台頭してきて、治療医学的様相が漂ってきていますし、今回もそうでした。しかし、人間とは生活を営む社会的動物であり、そのような人間としての復権をお手伝いするのが私たちの仕事です。いくらニューロモデュレーションの活用で動きが少し改善されても、生活あるいは活動の中で活かされなければ、これまでの失敗と変わらない状況に陥ります。そのことが同時課題として積極的に取り上げられなければならない学会であると思います。

夜の部もたくさんの人たちと交流しました。近年では勢いで二次会を、ということもほとんどなくなってきていますが、この仙台では三次会、四次会は当たり前という状況でした。その会のたびに面子は違うわけですから、話も多岐にわたり、熱も入ります。楽しかった会を振り返りながらホテルに戻るとき、ホテルに気づかず300mも行き過ぎてしまっている私がいました。

灯台下暗し

灯台下暗し。このことばを初めて聞いた頃は「灯台下暮らし」と勝手に漢字をイメージしていたことを思い出して、今でも苦笑いしてしまいます。灯台の下で暮らす漁業に携わる人々を思っていたのです。知らないということは怖いですね。

2016/11/17 07:52

2016/11/17 07:52

写真は千里リハビリテーション病院の駐車場の紅葉です。朝日に映えて見事な紅葉になっています。陽光が当たる部分は紅葉に、陰の部分は黄葉になっています。帰るのは夜ですから、出勤時にその気になって楽しまないと、折角の自然からのプレゼントを台無しにしてしまいます。近くにあって、日常的にルーチンで動いていると意外と目に留まらないものです。

35年くらい前のことでした。裏六甲に住んでいたのですが、紅葉を観に京都嵐山までドライブに出かけました。大変な渋滞で、しかも期待したほどでもない紅葉で、ちょっと残念な思いで帰路につきました。中国自動車道を走って裏六甲に向かっていると、目に入ってくる紅葉がなんと素晴らしいこと。1日のドライブの最後の最後に素晴らしい光景が目に飛び込んできました。灯台下暗し、ということでしょう。

スタッフたちの中に素晴らしい能力を持つ人材がいるということに気づかず、才能を発揮させることができないまま過ごしていることもあると思います。プライミング効果、つまり先入観をもって人を見ていると、人格や能力を決めつけてしまって接する傾向が私たちにはあります。
当然、この傾向は患者さんたちの潜在能力の発掘にも影響します。注意しなければならないと思います。

48年ぶり

東北シリーズの後も少々慌ただしく動きました。この2週間で行ったところをあげると、東京、神戸、金沢、高知、沖縄、熊本、東京。それぞれ行った先ではセミナーであったり、会議であったり、パーティーであったり、いろいろでした。

先週金曜日に沖縄で開催された日本理学療法士協会の全国学術研修大会で講演した後、熊本に向かいました。到着して夜遅くまでホテルで仕事をしてベッドへ。未明の3時くらいだったでしょうか、目を覚ましてみると「阿蘇山が爆発的噴火」というTVニュースが目に飛び込んできました。11000mの高さまで噴煙が上がったと。火山灰が降った地域では特に収穫前の農作物の被害が大きいようです。これまでの半年間、熊本は地震、大雨、台風、そして阿蘇山の噴火と大変な状態です。そう言えば、昨年阿蘇山が噴火した日も私は熊本でした。私に何かあるのか?と思ってしまうくらいの偶然が重なりました。落ち着いてくれることを祈るばかりです。

IMG_2999その朝はいい天気でしたが、午後から下り坂に。夜には大雨洪水警報が発令され、小さな川は今にも溢れそうなくらいの大雨になりました。そのような中、私が結婚式のために熊本に帰ることを知った小学校時代の同級生たちが同窓会を開こうと企画してくれて、中学校卒業以来48年ぶりに再会してきました。個人情報もありますから、全員の集合写真は出せませんが、皆に声をかけてくれた眞秀君とのツーショットを添付しましょう。今回会った熊本にいる彼たち・彼女たちはこれまでも何度か同窓会を企画してくれたのですが、運悪く私は参加できなかったのです。特に還暦のお祝いの同窓会には何が何でも行きたいと行動計画を立てたのですが、結局、学会のスケジュール上、抜け出すことが許されず、残念な思いをしました。それだけに、この機会に企画してくれた眞秀君ややす子さんたちに感謝、感謝です。なんとそこに小学4年生のときの担任・甲田先生もいらしていただきました。この計らいには感激し、最高のひとときを過ごすことができました。
小学校時代の同級生たちの顔はほとんど変わらず、全員名前を言えたというわけにはいきませんでした。面影がそのまま残っている人も多かったのですが、再会してすぐは全く顔と名前が結びつかない人も2割くらいいました。しばらく話していると、横顔に小学校時代に感じていた特徴を見つけうことができました。顔を見てすぐ名前を思い出せなくても、幼い頃に感じたことは結構しっかり残っているものだと思いました。街ですれ違っても、もう見逃すことはないでしょう。

私は高校卒業以来ずっと故郷を離れていますし、小学校時代に共に過ごした仲間たちと交流することはほとんどありませんでした。63年生きてきて、このような再会は初めての体験であったわけです。旧友、級友。ありがたい存在です。私には貴重な場面でしたし、生涯忘れることのない熊本・八代の夜でした。

東北シリーズ

2016/09/16 23:10

2016/09/16 23:10

9月に入って先週10日から来週まで25日までの3週にわたり週末は仙台、盛岡、福島の東北シリーズです。それぞれ毎年伺っているところですが、良き友との再会は何度重ねても嬉しいものです。そのような友の存在に感謝しています。

盛岡ではセミナーの前日に大好きな盛楼閣の冷麺をいただき、当日夜は遅くまで皆さんと語り、翌日はいろんなところに出かけています。これが毎年のパターンです。
今年は花巻市大迫(おおはさま)のワインまつりに行って500年以上の歴史をもつ早池峰(岳)神楽を鑑賞しました。ユネスコ無形文化遺産・国指定重要無形民俗文化財の早池峰神楽は九州で見る神楽とはちょっと違ってアクロバティックな様相があり、そのストーリーを伺うと一層興味深く見ることができました。大償(おおつぐない)と岳(たけ)集落で継承している神楽をこれからも続けていくことはとても大変なことだろうと思いますが、国の財産ですから、守り抜いていきたいものです。これは諸行無常ではいけないのではないかと思います。その後、早池峰神社に参拝し、独特の空気を味わってきました。IMG_3342

このように守り抜いていくべきものがある一方で、変わらなければならないものもあります。医療の世界は正にそうであって、何かに固執したような世界は無用です。過去の積み重ねが確たる根拠に基づいてなされてきたのであればよいのですが、リハビリテーション医療の世界はそれにはほど遠いものだと考えています。暗中模索、五里霧中の世界で努力してきた先人たちに報いるためにも、それらを明らかにして方向性を明確にしていく責任があります。先人たちは将来に託して礎になっていただいたわけですから。そこにただ胡坐をかいているようではいけません。

今週末は福島です。歴史の街、二本松に伺います。もう何年になりますか・・・。尊敬する山本澄子先生とご一緒させていただいています。また熱く語る週末になりそうです。今朝、福島のさくら白桃をいただきました。大玉で果肉は堅め。甘くて、とても奥深い味わいのある白桃でした。桃もそろそろ最後です。今週末まで待っていてくれると嬉しいのですが。

熊本

2016/08/14 11:41

2016/08/14 11:41

震災以来、初めて熊本に行ってきました。
南阿蘇村、西原村、益城町、御船町、熊本市内は水前寺公園と熊本城を訪ねてきました。復興の温度差に相当なものを感じましたが、それぞれが一歩一歩進めていってほしいと改めて思いました。

家はかろうじて残ったものの、これまで生きてきた地域を離れる決意をした人もいらっしゃいました。敷地には地割れが走り、家から歩いて数分のところで起きた大きな土砂崩れを目の当たりにすれば誰しもそう思うでしょう。
地震による直接的あるいは土砂崩れによる被害も甚大でしたが、実はその後に襲った記録的豪雨も、穏やかさを取り戻しつつあった南阿蘇村を激変させてしまいました。地震の後、復旧した水道が豪雨の影響で水源を根こそぎ壊され、長陽地区では水道のない生活を余儀なくされています。今後2、3か月で解決する問題ではないそうです。水道は飲み水だけでなく、水洗トイレやお風呂にも必要なだけに、その不便さに耐える精神力は私にはないだろうと思います。そして、農業に不可欠な水もないのです。農業中心の長陽地区には致命的です。これから台風などで降る大雨は恵みの雨ではなく、その度に土砂崩れや洪水を引き起こす恐怖の雨になるのです。このようなニュースは全国的には流されていません。

2016/08/14 16:02

2016/08/14 16:02

熊本城天守閣の屋根には草が生えていて無残な状況ではありましたが、復興に向けた動きは少しずつ進んでいるようです。中国人をはじめとする外国の観光客も見えていて、多くの方々が自分にできる支援活動をされています。
阿蘇の伏流湧水で満たされていた水前寺公園の池が地震によって枯れたことが全国に報じられていました。今は水も復活して、鯉に餌をあげている人たちの姿も見られました。水前寺公園は出水神社の神苑ですが、400年ほど前にここにお寺を建立したのが始まりです。その頃から清水が沸いていて、近くに市民憩いの江津湖があるように、もともと熊本は阿蘇の水が湧き出る湿地帯だったのです。その水が枯れたわけですから、地下で想像を超える事象が起こっていたのでしょう。神様がいてよかったと思います。

2016/08/14 15:03

2016/08/14 15:03

人生の中でもうだめかもしれないという最悪の出来事が何度かあると言われます。その原因は、自分自身にある場合、他者にある場合、そして今回のように自然にある場合などさまざまです。それを若いうちに体験するのか、実年時代なのか、年老いて体験するのか、その時期や環境によっても受け止め方はさまざまだと思います。
それらの出来事をほんの少しでも共有することができれば、自分の人生にも活かすことができるかもしれません。

アクセルを踏む

お久しぶりです。「小便小僧」を書いてから1か月半が経過してしまいました。
この間に、皆様から安否確認のメールをいただいたりしましたが、本人は元気に過ごしていましたのでご安心ください。ご心配とご迷惑をおかけしました。
この間の用事が半端ではなく、しかもまだそれを引きずっている状況にあります。それらの目途が立たないために、なかなかブログに向かう勇気を持てずにいたのです。病院内の業務に加えて、執筆の締め切り、会議や視察などのための出張、大学講義、各地のセミナー、予期せぬ友人2人の葬儀等、出かけることもかなりありました。東京6回、札幌4回、旭川、山形、埼玉、名古屋、福知山、姫路、下関、香川、北九州、福岡、そして中国杭州。1/3は日帰りでした。
旅が趣味の私にとって出かけることは苦にならないのですが、出版社の担当者のお顔が目の前に浮かぶのです。飛行機や新幹線の中でも作業は進めますが、なかなか思うようにいかなかったのがこの1か月でした。こうしていても何も変わらないので、いっそのこと現状をブログでお知らせして、自身を追い込もうという戦略に出たわけです。ということで、アクセルを踏み込んでいきたいと思います。どういうことでしょう?たった今、出版社のN氏から催促のお電話をいただきました。もしかして、見られてる??

先週末は37度の大阪を飛び出して北海道に行ってきました。夕方22度の千歳でお墓の掃除とお参り。翌土曜日は30度の旭川で朝から夕方までセミナー。日曜日は33度の札幌でちょっとした庭仕事とお寺参り。大阪ほどではありませんでしたが、北海道も一気に暑くなってきました。

IMG_2673旭川には20年前に札幌医科大学に行って以来、お付き合いしていただいている稲田氏と神田氏がいらっしゃいます。いろんな学会や研修会にしばしば参加される積極的なお二人ですから、何度も会ってはいるのですが、今回は、お二人とゆっくり語ることができました。もっともっと目立っていただきたい方々ですから、ますます注目していきたいと思います。
旭川のセミナーに札幌医科大学の卒業生が来てくれました。左側の千草さんはゼミ生で、とても実直で粘り腰のある信頼できる学生でした。右側の友紀さんは一日の中で一番遅い時間帯に質問に来た勤勉な学生でした。札幌医科大学では学生のコンピュータ室が24時間開放されていました。そこで勉強していて分からないところを夜中の2時半頃に私の部屋に質問に来たのです。そして、そろそろ帰ろうかなと思っている朝6時半にもう一度質問に来たのです。印象深いお二人が前に陣取って聴講してくれて、一層のエネルギーをいただきました。ギアチェンジをしてみましょう。

小便小僧

図2多くの人たちが知っている小便小僧。ベルギーのブリュッセルにある彫刻の噴水です。初代が400年前に作られたそうですから、熊本城と同世代ということになります。東京オリンピックが開催された1960年代に盗難にあったそうで、写真の小便小僧はそのレプリカです。インターネットから拝借しました。
ちなみに、その近くに小便少女もあるようです。もちろん、座っているそうです。もちろん、と書きましたが、本当にもちろん、ですか? 私が小さい頃、おばあちゃんたちは着物の裾をめくり、両脚を広げて立って、手を大腿に置くように前かがみになっておしっこをしていました。さすがにそのような彫刻を見たことはありませんが、これもひとつのADLです。
先週、山形県理学療法学術大会にお招きいただきました。どうすれば理学療法士の臨床力を深めることができるか、という課題でした。
講演前に症例検討会をしましょうということになって、夜、有志で3時間ほど時間を作りました。あっという間の3時間でした。
その中で、脳出血の患者さんのおしっこに関わる行為障害が報告され、脳のシステムを基に解決策を皆で検討したのです。汚れるから洋式便器に座っておしっこをする??男だったら立っておしっこをしたいでしょう。早速皆さんで戦略を検討され、トライした結果、見事に成功し、そのことが看護・介護スタッフ、ご家族との積極的なチームワーク形成にも波及したとご報告をいただきました。私自身も自分のことのように嬉しいお話でした。もちろん、ここには書けないほどの山あり、谷ありの現実もあるわけですが、こういうことの積み重ねが患者さんたちの笑顔につながるのだと思います。要は具現化することです。NEC_3772
山形はさくらんぼの季節。さくらんぼ狩りに行って、たくさんいただいてきました。この幸せは皆さんにもお分けしなければいけません。各病棟にも今日届くことになっています。さくらんぼを見て、食して、話が盛り上がれば嬉しいことです。