ホーム  /  ニュース・ブログ  /  吉尾雅春ブログ

吉尾雅春ブログ

藤枝

日本がサッカーワールドカップ予選で初めてオーストラリアに勝利して、ロシアに行くことが決まりました。明らかに若手が台頭してきていることを見せつけた素晴らしい試合でした。本田ではなく、浅野、井手口でした。大げさかもしれませんが、歴史が動いた瞬間だったと言えるのではないかと思います。歴史は停滞してはいけないのだと改めて思いました。

青島氏&海野氏

珍しく休暇をもらって藤枝市に行ってきました。皆さんは藤枝がどこにあるか、ピンときますか?近くには焼津市や静岡市があります。有名なものは・・・?ピンときませんが、サッカーの日本代表の主将長谷部の出身地です。
普通、休暇をとる目的は観光地に出かけたり、外せない用事をこなすということなのでしょう。今回の目的は後者。若い理学療法士として奮闘している藤枝のお二人を支援するためです。海野真氏と青島健人氏。これまで何度も私のセミナーに出かけてきてくれているお二人ですが、得た知識を病院や地域に持ち帰っても限界があります。ならば、私が藤枝に行きますよ、ということで実現したボランティアのナイトセミナー×2です。会場費や私の宿泊費はお二人が負担してくれました。若いお二人には相当な負担だったと思いますが、このセミナーに病院の、あるいは地域の関連病院からたくさんの人たちが参加してくれて、共通認識を持った意味のある連携につながればこの上ない喜びですから、と笑顔を返してくれました。だから素直に甘えることにしました。参加費無料のセミナーに出かけてくださった皆さんは、このお二人の真心に真摯に向き合っていきたいと思われたに違いありません。
この活動は日本におけるセラピストたちの環境を変えていくに相応しいものだと思います。50年余りの歴史の中で大きな変化もなく澱んでいると言っても過言でないこの空気は変えていかなければならないのです。澱んでいては癒着を起こすだけで、何が真実かわからなくなります。これまで中心的に行われてきたアプローチは大きく見直すときが来ているのです。そのためには東京、大阪などの大都市に若手を集めてセミナーを開催するよりも、新幹線の駅さえもないこのような地域で、ベテランも含めて寺子屋を開くことが大切なのではないでしょうか。

徳川家康廟所

徳川家康が世に貢献したことの第一は戦をなくしたこと。結果、300年も徳川の時代は続きましたが、その大半は鎖国という制度下での社会でした。その後、ペリーが現れ、明治維新があり、社会は大きく動きました。今、学校に特別講義に出かけたり、各地にセミナーに出かけて聴講生に聞いてみると、ボバースのことは100%知っていますが、ハーシュバーグのことは100%知りません。なんと、上田敏という存在も知らないのです。日本のセラピストは流行りものには一見強いようですが、実は鎖国を好んで受け入れる存在なのではないかと思っています。
鎖は解かなければいけません。徳川家康の廟所がある久能山東照宮を訪ねて、そのようなことを思っていました。

ミンミンゼミ

2017/08/20 09:05

朝方、東京都江東区の図書館から汐浜運河の橋を渡って街路樹の下を歩いているとミンミンゼミが賑やかに鳴いていました。熊本出身の私にはもう少し涼しくなってからの蝉というイメージですが、確認した姿も確かにミンミンゼミでした。アブラゼミも少しだけ見かけましたが、主役はミンミンゼミです。ミンミンゼミは涼しい地域あるいは季節を好みますし、ケヤキや桜の街路樹が多い場所で、傾斜して乾燥した土に卵を産み付ける傾向があると言われています。百日紅の木にしがみついていたこの抜け殻がミンミンゼミなのか、アブラゼミなのかは分かりません。両者はほとんど同じ大きさですし。

東京は8月に入ってから今日まで毎日降雨を記録しているそうです。昨日に至っては雷、雹、暴風雨と凄い天気で、新幹線も運転を見合わせるほどの状況だったようです。私が上京した時には既に運転は再開されていましたが、けが人が出たり、車が水没したり、多摩川の花火も中止になったりしたとテレビのニュースで伝えていました。オホーツク海高気圧が強く南に張り出して冷たい空気を関東辺りまで運んでいるからではありますが、そもそもフィリピン辺りで雲の発達に伴う上昇気流が起こらないことで太平洋高気圧の影響が弱くなっていることがオホーツク海高気圧を張り出させているのだそうです。

2017/08/20 09:11

ミンミンゼミもこのような気象現象を土の中で感じ取っているのでしょう。
良くも悪くも自然界の営みは凄いと思います。そして気象予報士によるその現象の説明には妙に納得するというか、感心させられます。これまでの多くのデータと気象衛星による見える化の努力によって今があるのでしょう。その情報によってさまざまなことに影響を与えるわけですから、いい加減なものであってはいけないわけです。

患者さんの今後の人生に影響を与えるであろう脳卒中リハビリテーションの世界にあっては、その努力は相当不足していると思います。自然界のように、現象を集めれば見えてくるというものでもないのかもしれません。脳卒中の患者さんたちの場合、人の手によっていろいろ操作され過ぎて何が何かわからなくなってしまっている状況でデータを集めることになります。そうして集めたデータを解釈するのは容易なことではありません。だからと言って、触らないままのデータを集めることは倫理上許されません。
何か良い解決策をミンミンゼミに聞いてみたくなります。

八代地区特別セミナー

2017/08/12 06:59

お盆ということで故郷の八代にお墓参りに帰りました。
途中、球磨川の流れを眺めながらドライブしたのですが、2015年10月27日のブログで紹介した荒瀬ダムは完全に撤去されて、球磨川は自然の流れを取り戻していました。ダムの下流の坂本付近では流れが速く、ダムの呼称もそこから来ています。球磨川は日本三大急流のひとつ。下流域でのその勢いを見ると、ちょっと誇らしげに見えます。

今回の帰省には大きな目的がありました。8月12日に、八代地区勤務者限定で脳のシステムに関するセミナーを開催することです。八代にいる知り合いのPT木村氏とOT中村氏にセミナーの案内をお願いし、参加者を募ってもらいました。熊本労災病院のご厚意で会場をお借りすることができ、当日の会場造り、受付でも労災病院のスタッフの方々にお手伝いいただきました。私を含めてそれぞれが全くのボランティアだったのです。

皆で八代をよくしようと取り組んだ結果、参加者は123名。PT74、OT33、ST15、PO1名。八代地区のほとんどの病院、施設から、PTでは4人のうち1人が参加されたことになります。しかも他でのセミナーと異なり、中堅、ベテランの方々の参加が多く、平均7.3年の経験年数。それぞれの病院から10名~20名、病院によっては全員に近い38名のスタッフがいらしてました。熱い熱い5時間30分でした。
熊本県で第二の都市、八代地区にとって一つの転機になるセミナーであったことは間違いないと思います。写真は夜の懇親会のスナップを鋤田さんが撮ってくださったものです。

最近、いろいろなセミナーが企画されていますが、その多くが大都市で開催されています。しかも参加者の大半が経験5年までの若いセラピストです。東京で開催するときはもちろん関東圏の人たちが多いのですが、北海道、関西、四国、九州からの参加もみられます。リピーターも結構いますが、負担が大きく、大変だろうと思います。遠方からは交通費や宿泊費も嵩みますから、その努力には頭が下がります。しかし、数名の若いスタッフが何かを学んで自身の施設に反映させようとしても、組織の抵抗は強固なのです。
今回のように講師が地方に出向けばよいのです。この仕事に携わっている以上、欲求はあるはずです。講師が近くに来てくれたら行きたい、という人たちも多いでしょう。その中には中堅、ベテランもいると思います。中堅、ベテランの参加は組織の変革の可能性を意味します。

今回の八代地区特別セミナーを開催してみて、何のための活動か、その目的を達成するための効果的方法はどうあるべきか、改めて考えてみたいと思いました。

垣根

もう7月も月末です。久しぶりの更新になりました。
7月は結構慌ただしく動いていました。1週間のうち、中国に3回も行った、という週もありました。下関、上海、そしてまた下関。地域は違いますが、いずれも中国地方ですから。
朝からこののりですが、今日の運勢はどうでしょうか?

今日は福建省からお客様があります。1週間前にも北京、南京からお客様がありました。民間レベルでは中国との垣根がどんどんなくなっていくのを感じます。とてもいいことだと思います。
15年ほど前に中国黒竜江省佳木斯(ジャムス)市に1週間の講義に出かけたことがあります。学生たちがどんどん迫ってきます。ウェイシャマ? ウォーブミンバイ.の連発でした。どうして? なぜ? 私にはわかりません。という声が、しかもほとんどが女性の声で、講義中に迫ってきます。私もどんどん学生たちに問いかけます。1週間後には垣根がほとんどなくなり、とてもいい感じになったのを今でも覚えています。最後には、「私、先生のために歌います」と、病棟の中で大きな声で歌い出す女学生。そして私も歌いますと続く女学生。その経験を通して、もしかしたら私の方で垣根を作っていたのかもしれない、と思ったものです。

この垣根は臨床の中でもよく感じます。チーム医療を根幹に据えたアプローチがリハビリテーション医療の世界ですが、チームワークとは何ぞや、ということをメンバーたちはほとんど理解できていないのが現状のように思います。結果として起こるのはコミュニケーションの不良であったり、いい加減なゴール設定であったり、専門家としてやり抜く姿勢の欠如であったりします。多くの病院で抱えている問題だろうと思っています。

昨日はリーダー候補生のスキルアップセミナーの最終日でした。臨床業務している中で感じている課題を表面化させて、具体的解決策をできるだけ根拠をもって提案するという時間でした。本来取り組んでいなければならない課題が出てくるたびに、ハッとする私がいました。チームあるいは多職種が関わることによって起こる問題ばかりでした。中途半端な専門家集団が故の問題かもしれません。どれもがちょっとした努力で解決できそうな課題でしたから、垣根を越えて、皆が前に進めてくれることを期待したいと思います。

先週末は新潟市に出かけました。九州リハビリテーション大学校の同級生である五十嵐氏たちと食事を楽しんだのですが、新潟県北部・村上市の岩ガキをいただきました。「夏に牡蠣ねえ」と言いながらいただいたのですが、それはそれは、とても美味でした。

 

偶然

九州北部で局地的な集中豪雨による被害が続いています。これでもか、これでもかと降り続く雨に、自然の驚異を感じます。被災された方々はこれほどの豪雨・洪水を経験したことがないと仰っていました。心からお見舞い申し上げます。まだ予断を許さないようですが、これ以上被害が広がらないことを祈ります。

先週末、山形・庄内を訪ねた折に山寺立石寺に参拝してきました。当日朝方まで雨が降り続いており心配しましたが、見事に雨は上がり、雨具を使うこともなく奥の院まで行くことができました。これまで2度、麓から見上げながら、いつかこの岩山を上ってお参りしたいと思っていましたから、実現できてありがたいことでした。庄内の若いスタッフたちが企画してくれたものです。「閑さや岩にしみ入る蝉の声 芭蕉」で有名な山寺。12名の御一行様で、中には下山して筋肉が震え続けるほどの筋疲労もあったようですが、皆さん、とても満足そうでした。素晴らしいお寺でした。
門前町のそば処「瀧不動生蕎麦」でいただいた蕎麦もとても美味でした。蕎麦の世界が広がります。実はこの1週間で6店の蕎麦屋さんを訪ねたことになります。

夜、皆で症例検討会をする前に、さくらんぼ狩りに出かけました。本来はそこでさくらんぼを買って各病棟に送るつもりだったのですが、もしかして品不足になっているといけないということで、途中、寒河江のさくらんぼ農園に立ち寄りました。幹事の酒井さんのお勧めの農園でした。とても甘くて美味しいさくらんぼでしたから満足度は200%。
「先週、私がお世話になっている下関の方から山形のさくらんぼが届きました」と酒井さんに話しているところに農園の若奥様が、「もしかして、その方は木下さんですか?」と。正にその木下さんのことで、この偶然にびっくり仰天。たまたま外を通りかかった園主の大沼正さんを呼び止めていただき、話が一気に盛り上がりました。30年前からのお付き合いだとか。ま、細かくお話しすると相当な文字数になりますからこのくらいにしますが、数あるさくらんぼ農園で起きたこの偶然、何かついてますね。そうそう、その大沼正さんが仰っていました。「カニとさくらんぼはよく選ばないといけない。何事も基本、基礎が大事だ」と。

あちこち動いていますと、いろんなことがあります。あり過ぎるくらい偶然の出来事があります。それが旅の楽しみにもなっています。このことは積極的に動いて専門的なことを学ぶ活動と重なるのではないかと思います。そのような中で生まれる人との出会いは自分自身を成長させてくれるきっかけになることは間違いなさそうです。

そば

週末、丹後に出かけてきました。まだPTになって間もないころから、しばしば丹後を訪れていました。丹後半島を中心にとても綺麗で、日本人ならば誰もが知っている天橋立は半島の東の付け根にあります。ちなみに、西の付け根には天橋立と同じような小天橋があります。しょうてんきょうと読みます。
その界隈は久美浜、網野、竹野、琴引浜などとてもきれいな海水浴場があります。天橋立から半島先端の経ケ岬を過ぎて15㎞ほどでしょうか、突然旅館が立ち並ぶ街並みが現れます。間人という温泉郷で、漁港でもあり、夏は海水浴客で賑わいます。丹後半島をドライブしているとき、ここを通り抜けるのがひとつの楽しみでもありました。なぜか、ですか? この街を通るたびに言うわけです。「これをたいざって読める???あり得ないよね」と毎回言うのです。ただそれだけですが、それが一番の喜びなのです。その余韻に浸りながら相当走った後、「あっ、一夜干し買うの、忘れた」と・・。

おっと、このままで行くと「間人」で終わりそうです。丹後に行ったついでに、ちょっと寄り道して城下町の出石を訪ねました。若かりし頃は蕎麦を食べるためにだけ、神戸から3時間ほどかけてドライブしていました。その頃は永楽というお店に行っていたのですが、今回はお休みでしたからこちらのお店に。出石そばはご覧のように皿そばで、1人前5皿です。20皿以上食べると、そのお店なりの記念品をもらえるということで、もちろん勝負するわけですが、その後、少々気分が・・。それでもまた挑戦するわけです。記念の通行手形が何枚もあります。今回は自重して10皿にとどめておきました。
一旦、千里に戻って、夜、信州長野に出かけました。さすがに信州そばは風味と腰が抜群で、一言で表現すると「洗練された上品なそば」と言えます。
同じ蕎麦でもこうも違うか、と思ってしまいます。出雲も、出石も、信州もそれぞれの味わいがあって、訪ねたらどうしても食したくなる風味です。同じ蕎麦ですが、いろいろあっていいですよね。

人間だって同じです。いろいろあっていいですね。個別性があっていいですね。私たち医療人がその個別性にどれだけ向き合えるかが問われます。金太郎飴を切っているかの如く「業務」している姿をしばしば見かけます。それではいけないと、丹後のセラピストも長野のセラピストも熱く語っていらっしゃいました。

いいね!

2017/05/15

北海道千歳市のある景色です。西洋タンポポの群生です。
いいね!

私もFacebookを少し利用していますから、皆さんが盛んに「いいね!」を押してらっしゃるのを拝見しています。なかなか楽しそうですが、実は私はそれにはほとんど参加していないのです。というくらいFacebookを利用していない、ということです。
この方はとてもとても忙しいだろうに、頻繁にFacebookを利用していらっしゃるなあ、と感心することがありますが、私にはうまく処理できません。
そうそう、ガラケーですし。

Every Body  Like It! Like It! Like It! Like It! Like It! Like It! いいね!
Ah めちゃ めちゃ めちゃ めちゃ めちゃ めちゃ いいね!
学生さんも OLさんも 頑張った自分を褒め称えろ
今夜は Like It! Like It! Like It! Like It! Like It! Like It! いいね!
Ah めちゃ めちゃ めちゃ めちゃ めちゃ めちゃ 笑って
嫌なことは全部蹴とばして 心のまま遊べ
Hey!
いいね! いいね! いいね!
Nice, Good! Nice Good!
あっ、いいね! いいね! いいね!

Kis-My-Ft2のニューアルバム「MUSIC COLOSSEUM」に入っている「いいね!」の一部分です。
とても軽快な歌で、通勤の車の中で流しています。特に出勤時、気分を高揚するにはもってこいの曲で、その日の仕事を効率的・効果的に進めるきっかけにしています。

そして私たち人間の関係性について、とてもいいことを教えてくれています。
患者さんも、スタッフも、友達も、そして自分自身も、頑張っている姿を見たとき、いい場面に気づいたときに褒めること。そうすることで人間の辺縁系は反応し、前頭連合野が喜び、次への動機づけにつながるのです。そのタイミングを逃さないようにしなければいけません。特に脳卒中になられた患者さんの中には脳が浮腫んだり、血腫で圧排されて大変な状況があり、そしてそこから徐々に解放されていく過程があるわけですが、そのときの変化を読み取りながら、私たちの対応も変化させていく必要があります。
患者さんたちの脳は必死で頑張っているのです。

 

レンゲツツジ

所用で札幌に帰ってきました。各地で真夏日を記録する等、全国的に熱い週末でしたが、札幌では25度前後のいい天気でした。大通公園ではライラックが咲き誇っています。

2017/05/21 08:26

今朝、自宅の庭に咲いていたレンゲツツジを撮影してみました。黄色いのでキレンゲツツジとも言います。蕾が蓮華に似ていることからつけられた名前で、札幌では正に今時の主役です。花言葉は「あふれる向上心」とか「情熱」です。いい花言葉ですね。前回書いた責任を全うするためにレンゲツツジのような情熱や向上心をもった専門家にならなければ、と思います。毎年春に、このキレンゲツツジを見るたびに「向上心をもって」と心に誓うのです。人様の人生に影響を及ぼすこの仕事を誇りに思い、情熱をもって取り組んでいきたいと思っています。

このキレンゲツツジの背景にあるのは牡丹です。毎年、紫、白、黄色の花が賑やかに咲きますが、今年も30個ほどの蕾があります。今年は開花を見ることはできそうにありませんが、主役がキレンゲツツジから牡丹に変わっていくこの季節の醍醐味は楽しみのひとつでもあります。

長姉が亡くなりました。86歳でした。
私たち12人兄弟の中ではキレンゲツツジのような人でした。姉からもらった様々な力をこれからも活かしきっていきたいと思います。

責任

5月12日~14日、千葉県幕張メッセで第52回日本理学療法学術大会が開催されました。
ちょうどその期間中に、幕張メッセではEXILEとDOBERMAN INFINITYのコンサートが行われたため会場周辺は凄い人出になりました。学会参加者の黒服と、圧倒的に若い女性たちで占められたコンサート参加者たちの楽しいカラフルな服とが混在し、いつもの学術大会とは違った空気が流れた3日間でした。
そのため、ホテル確保も大変でした。幸いに2泊は会場隣接のホテルを確保できたのですが、最終日だけは電車で30分ほど離れた町のホテルになってしまいました。学術大会には全国から集まることから、after 7も楽しみですが、それぞれの宿が1時間くらいの範囲に広がっており、お店によっては宿から往復2時間という人もいたようです。

2017/05/12 23:31

宴が終わって電車で海浜幕張駅に戻ったとき、ホームは若い女性たちで溢れんばかりの状態になっていました。コンサートが終わって帰路についた人たちの大集団ということですが、ホームから階段に向かうと一人の姿も見えなくなり、そのあまりもの違いに自分の目を疑ってしまいました。さらにその先に目をやると、この光景が飛び込んできました。ホーム上での事故を防ぐために改札・入場規制されていたのです。確かに制御が困難なこのような集団では起こり得るであろう問題を回避するための規制は必要でしょう。見事な統制に感心しながら宿に戻りました。

近年、患者さんたちの活動や社会参加について積極的に進めようという動きがあります。演題の中にもそのような取り組みに関するものがありました。歩行距離をもっと伸ばすようにということですが、どうも歩くことが目的であり、歩くことの目的がありません。欲求や動機づけは人間の行動にとって極めて重要ですが、ただ歩くことだけが計画・実行されていきます。それでは患者さんたちは楽しくないでしょうし、距離も伸びないでしょう。
病院の敷地外に出ることは許されない、という話をよく耳にします。病院の外にこそ目的をもって行ってみたいと思える場所があるのに、もったいないことです。コーヒーショップやコンビニ、スーパーマーケット、神社の森も、桜の咲く大きな公園もあります。敷地外に出ることを規制されているということは、起こり得る問題を回避するため、ということになります。患者さんたちが敷地外を積極的に歩くことで得られるであろう活動や参加の向上の可能性を、それを改善していく責任を持つ病院が回避していることになります。
理学療法士が起こるであろうと思い込んでいる痙縮という問題を回避するために、例えば歩行練習を行わない、装具を用いないということが行われています。過度な筋緊張は抑制の対象であって、積極的に活動させてはいけないという考えが根強く残っています。大方の論文では否定的で、むしろ逆の論が展開されてきているのに、です。結果、患者さんたちの歩行獲得の可能性が理学療法士によって摘み取られてしまうことになります。

今回の学術大会の中で、日本神経理学療法学会が掲げたテーマは「神経理学療法領域における理学療法士の責任」でした。学会最後のまとめとして組んだ大畑氏の教育講演では、この責任について突っ込んだ言及があり、最終プログラムとして相応しいものになりました。

しばし佇む

ゴールデンウィーク後半は熊本に帰りました。4月から3回目の熊本です。

熊本空港でレンタカーを借りて、地震中心部の益城町役場周辺を訪ねてみました。熊本市内の水前寺公園まで10㎞足らずの立地です。
倒壊した建物はほとんど撤去され、更地になっており、ブルーシートもほとんど見かけませんでした。仮設のうどん屋さんなどもありましたが、元々の街の景色を知らなければ、何の感情もなく通り過ぎてしまうほどになっていました。本格的な復興はこれからになります。

2017/05/05 12:13

車は故郷の八代へ。
40年ぶりくらいに二見海岸に行ってみました。小さい頃、母が海水浴に連れて行ってくれた海岸です。また、家から歩いて潮干狩りにも出かけた海岸です。高校生のときはこの海岸のすぐ横を走っている鹿児島本線沿いの野菊を観察研究していました。
写真の対岸は天草で、右側向こうには長崎・島原半島の雲仙普賢岳が見えます。海と空の青が素晴らしく、砂浜とのマッチングが見事ですね。どなたかが仰っていました。「吉尾さんは素敵なガラケー写真家ですね」と。この写真を見ていると、私もちょっとその気になってしまいそうなお気に入りの1枚です。訪ねた時間帯もよかったのだろうと思います。
人っ子一人いない静かな海岸で、半世紀ほど前のことを思いつつしばし佇み、最高の栄養をいただきました。

2017/05/05 12:34

さらに実家に近づくと、最近では見かけなくなったレンゲ畑が広がり、またまたしばし佇み、そして、ガラケー写真家に。

実家で甥っ子の子供たちと食事を楽しみました。今年日産に就職したばかりの彼はこのGWは11連休だということでした。凄いですね。回復期リハビリテーション病棟に勤務しているとあり得ないことです。
でも、忙しい日々の中にあっても、このような一コマが挟まれることで、しっかりリフレッシュできるようです。