表紙
表紙

お知らせ

    • あっという間に4月になってしまいました。 2月、3月は完璧にサボってしまいました。書くべき題材はかなりあったのですが、他の「ねばならない」ことを優先してしまいました。 今年の課題である少し睡眠時間を増やすことは1時間増を目標に5時間睡眠を続けていますが…続きを読む

    • 私のTシャツのプリントです。Scared Guyという名前がついています。 Scareとは「正気を失うほどびっくりする」とか「怖がる」という意味を持ちますが、確かにそのような表情をしていますね。 とてもお気に入りのTシャツです。20年以上のお付き合いで…続きを読む

    • 1月6日に千里中央で「一月塾」を開催しました。今年で7回目になります。参加者は168名。 一月塾には「これでいいのか、理学療法士!」という文言も付記されています。 つまり、「お年玉」セミナーならぬ「落とし玉」セミナーなのです。 講師料無しのボランティア…続きを読む

    • 皆様、明けましておめでとうございます。 昨年はスッポリ空白を作ってしまいましたので、今年は心機一転、可能な限り更新してまいりますので、よろしくお願いいたします。 新年にあたり、今年の漢字を一字表していくのがここ数年のパターンになっていますので、今年も考…続きを読む

    • お久しぶりです。 1年間、丸々サボってしまいました。 忙しくて大変だったから、ということも若干は理由に上げれますが、それよりも襟を正さなければ、というようなことが色々あり、反省の1年間にしていました。 私のブログをお読みいただいていた方々にはご心配をお…続きを読む

    • 明けましておめでとうございます。 昨年はたくさんの方々のご支援をいただきながら、「実」のある仕事を進めることができました。病院では新病棟ができ、本格的な回復期リハビリテーション病棟として認定されるための実績づくりが本格化します。スタッフたちの中には彼た…続きを読む

    • 今年最後のセミナーが終わりました。今年のクリスマスセミナーは岐阜県整形徒手療法研究会。歩行と脳とを絡めた8時間のコースでした。8時間の長丁場は話す側よりも受講者が大変だろうと思いますが、2日間に分けるよりも一気にやりましょうということで、1日のセミナー…続きを読む

    • 2014年5月15日のブログで、石巻で偶然お会いした上西勇さんのことを紹介しました。年齢不詳とも思えるほどの若さで精力的な活動をなさっている神戸在住の方です。 先日、上西さんから3冊の本が届きました。上西さんご自身が行脚され撮影し、情報を集められておま…続きを読む

    • 八戸に行ってきました。 新幹線八戸駅前に立派なイチイの木があります。北海道ではおんこの木とも言いますが、イチイは昔、貴族が使っていた笏の材料に使われていたそうで、最高の位、一位の木と言われるようになったとか。 もう5,6年になるでしょうか。これまで仙台…続きを読む

    • 日本神経理学学会がいよいよスタートラインに立った。そのようなイベントを11月4,5日に東京で開催しました。本学会は中枢神経障害に対する適切な理学療法を実践すべく研究、教育、臨床の質の向上を図り、同時に社会に対してメッセージを発信していく責任があります。…続きを読む

    • 今年最後のセミナーが終わりました。今年のクリスマスセミナーは岐阜県整形徒手療法研究会。歩行と脳とを絡めた8時間のコースでした。8時間の長丁場は話す側よりも受講者が大変だろうと思いますが、2日間に分けるよりも一気にやりましょうということで、1日のセミナー…続きを読む

    • 2014年5月15日のブログで、石巻で偶然お会いした上西勇さんのことを紹介しました。年齢不詳とも思えるほどの若さで精力的な活動をなさっている神戸在住の方です。 先日、上西さんから3冊の本が届きました。上西さんご自身が行脚され撮影し、情報を集められておま…続きを読む

    • 八戸に行ってきました。 新幹線八戸駅前に立派なイチイの木があります。北海道ではおんこの木とも言いますが、イチイは昔、貴族が使っていた笏の材料に使われていたそうで、最高の位、一位の木と言われるようになったとか。 もう5,6年になるでしょうか。これまで仙台…続きを読む

    • 日本神経理学学会がいよいよスタートラインに立った。そのようなイベントを11月4,5日に東京で開催しました。本学会は中枢神経障害に対する適切な理学療法を実践すべく研究、教育、臨床の質の向上を図り、同時に社会に対してメッセージを発信していく責任があります。…続きを読む

    • このところ、急に秋を感じるようになりました。 新大阪駅前のコブシの木を見ると、実が色づき、中の種が裸になっているものもチラホラ。この実を見ても、ほとんどの人はコブシだとは知らないでしょう。千昌夫の国民的な歌「北国の春」にも出てきますし、山だけではなく、…続きを読む

    • 開院して10年。やっと千里リハビリテーション病院の案内板が取り付けられました。 玄関まで行くと表札代わりの小さな案内板はあったのですが、敷地外からはこの建物が何なのか、全く分からない状態にありました。今回の案内も玄関横の表札と同じデザインでステンレス製…続きを読む

    • 日本がサッカーワールドカップ予選で初めてオーストラリアに勝利して、ロシアに行くことが決まりました。明らかに若手が台頭してきていることを見せつけた素晴らしい試合でした。本田ではなく、浅野、井手口でした。大げさかもしれませんが、歴史が動いた瞬間だったと言え…続きを読む

    • 朝方、東京都江東区の図書館から汐浜運河の橋を渡って街路樹の下を歩いているとミンミンゼミが賑やかに鳴いていました。熊本出身の私にはもう少し涼しくなってからの蝉というイメージですが、確認した姿も確かにミンミンゼミでした。アブラゼミも少しだけ見かけましたが、…続きを読む

    • お盆ということで故郷の八代にお墓参りに帰りました。 途中、球磨川の流れを眺めながらドライブしたのですが、2015年10月27日のブログで紹介した荒瀬ダムは完全に撤去されて、球磨川は自然の流れを取り戻していました。ダムの下流の坂本付近では流れが速く、ダム…続きを読む

    • もう7月も月末です。久しぶりの更新になりました。 7月は結構慌ただしく動いていました。1週間のうち、中国に3回も行った、という週もありました。下関、上海、そしてまた下関。地域は違いますが、いずれも中国地方ですから。 朝からこののりですが、今日の運勢はど…続きを読む

    • このたび小野原西のメインストリート(市道小野原豊中線)に“小野原サンシャインロード”と言う名前がつき、 千里リハビリテーション病院から看板を寄付させていただきました。 大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )…続きを読む

    • 『読売新聞 2013年12月1日号』に掲載されました。 病院の実力「回復期リハビリ」の特集で橋本理事長の記事が掲載されています。 是非ご覧ください。

    • 『師長主任 業務実践 2013年10月号』に掲載していただきました。 特集「看護本来の機能を生かす新たな業務の展開」に理事長橋本康子が『病院におけるルームキーパーの導入』と言うタイトルで記事を書いております。是非ご覧ください。 師長主任 業務実践 20…続きを読む

    • 『週刊ダイヤモンド2013年10月26日号』に掲載していただきました。 「頼れる病院ランキング」の特集で高度な機能訓練が行える病院として紹介されました。 週刊ダイヤモンド 2013年10月26日号 出版社: ダイヤモンド社  

    • 本日は患者様の入退院や通院時の送迎でお世話になっております、 「えさか介護タクシー」様のご紹介です。 様々な場面で患者様の移動に一役買ってくださっています、 えさか介護タクシー様。 特に、急性期病院より転院されていらっしゃる患者様を、 毎日のように送迎…続きを読む

    • 『介護ビジョン 2011年8月号』に掲載していただきました。 「食事サービスに力を入れる施設・事業所紹介」にて当院の食事を通じたリハビリテーションに対する取り組みが紹介されております。是非ご覧ください。 介護ビジョン 2011年8月号 出版社: 株式会…続きを読む

    • 『防水ジャーナル 2011年7月号』に掲載していただきました。 「屋上探訪」にて1階中庭デッキ分、2階レストラン、3階屋上が紹介されております。 是非ご覧ください。 防水ジャーナル 2011年7月号 出版社: 新樹社

    •  6月9日に当院のロビーにて隣の千里国際学園の学生さん達による演奏会が開催されました。  今回の演奏会は『患者さんの自主性に合わせて』ということでイベントクラブからの大きな宣伝はありませんでした。しかし、音に誘われて足を止めた患者さんやご家族の方、はじ…続きを読む

    •   この度、平成23年3月11日に発生しました東日本大震災により被災されました皆様には、謹んでお見舞い申し上げますと共に、被災地の一日も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。  多くの方々が被災地でのボランティア活動に参加されている中で、当院からも…続きを読む

    • 『ドクターズアテンション 2011年5月号』に掲載していただきました。 特集「管理栄養士さんによる病院食に関する意見交換会」へ参加させていただきました。 是非ご覧ください。 ドクターズアテンション 2011年5月号 出版社: ドクターズアテンション